ANA国際線が遅延した場合にはどんな対応をとってくれるの?

飛行機は、搭乗者を待ってくれないなんて言いますが、飛行機に支障があったり、天気に問題があれば、遅延することもあります。それは、安全面をとってのことがほとんどですが、ANA国際線が遅延した場合にはどんな対応をとってくれるのか、気になる方必見の情報をお伝えしましょう。

ANA国際線が遅延した場合の現地での交通費は出してもらえる?

飛行機はオンタイムに移動してくれると思っている方が多いですし、よく「飛行機はまってくれない」と言われているように、オンタイムに出ることを世界中で意識しています。

日本の航空会社であるANAの国際線はその辺りはどうなっているのでしょうか。遅延した場合の現地での交通費は出してもらえるのでしょうか。もちろん、機材不備などでANAの国際線もチンすることはあります。

その際に、その機材がいつ直るかわからない場合、現地で乗客に待っていてもらわなければいけません。この際のやり方はその時の状況によるということが言えますが、基本的には、出せる移動費は、お金として出すのではなく、移動手段を乗客に提供してくれます。

例えば、ずっと空港で飛行機が出るのを待つのはもったいないので、その際にホテルをANA側は用意してくれます。空港からホテルまでの移動手段となるバスを用意してくれるので、お金は出ませんが、「足」は出ます。ただし、余った時間、どこかいけなかった現地の観光スポットにでも行こうかなという気になりますよね。

その際の交通費は基本的には出してもらえません。あなたがものすごくクレームを入れれば出してもらえるかもしれませんが、どれだけの金額がかかったのか、レシートなどが必要になりますし、振り込み対応になるので、時間がかかります(これが通常ANA便の遅延の際に国内線などで対処してくれるやり方です)。

ですので、用意してもらった移動手段は利用して、なるべく利用して、無駄な出費を抑えつつ、延長された滞在費を抑えるというのがベストだといえるでしょう。

しかし、あまりにも現地滞在日が延長された場合には、ANAに確認して交通費を出してもらえるか確認しましょう。その前にANAの方から必ず申請用紙などを提供してくれるのが常です。

ANA国際線が遅延した場合に食事券とかはもらえるの?

そして、国際線、現地にいた場合、物価の高い国だと、ギリギリの予算で旅行に出抱えていた場合は、遅延なんてされたら、その予算は簡単にオーバーしてしまうことになります。そんなANA国際線が遅延した場合には食事券などはもらえるのかをご紹介しましょう。

例えば、日本からANAの国際線が数時間だけども遅延して出発する場合には、空港のレストラン、どこでも使えるクーポンが数百円単位ですがもらえたり、そこまでの遅延出ない場合は、軽食やちょっとした飲み物がもらえますので、それを利用しましょう。

では、海外に滞在中に遅延が決定した際にはどうなるかというと、空港で数時間滞在しなければいけないという場合、ANA側が、軽食(サンドウィッチなど)を用意してくれることがあります。

それがない場合には、食事券(クーポン)がもらえることもありますが、絶対とは言えません。大幅に遅延した場合には、まずはホテルを用意してくれます(ANAのCAさんなどがよく利用しているようなホテルで、ビジネスホテルレベルのものです)。

例え、宿泊しなくても、休む場所として部屋を即座に用意してくれるのがANAのメリットでもあります。大体そこにはレストランがついていますから、そこに滞在する時間の食事は、そこのレストランで無料で食べられるようにしてくれます。

朝や昼であればビュッフェ形式の場所がほとんどで須賀、ディナータイムともなれば、アラカルト形式の場所が多いので、ちょっとした豪華な食事を楽しむこともできます。

その際には、食事券はありませんが、ホテル側でどういったお客さんであるかということは把握されています(名前が報告されているため)ので、スムーズにレストランに入ることができます。

ANA 赤ちゃんTOP