ANAフライトを利用する際に知っておきたい割引運賃とは

今の時代、フルで運賃を払っている方なん手ほとんどいませんよね(国内線はそうせざるを得ないことが多々ありますが)。少しでもお得にANA便を利用するために、ここではANAフライトを利用する際に知っておきたい割引運賃について知っておきましょう。

年配の方は必見!ANAのシニア割引について教えて!

日本では今もどんどん高齢化社会が深刻化していますよね。年配の方はそれでお得な思いをすることも多々あるのですが、飛行機の料金に関してもそれが言えます。。そこで、ANA便を利用する際に注目していただきたい割引料金が、ANAのシニア割引です。

そんなシニア割引についてご紹介したいと思います。これは、まず65歳以上の方が利用できるものです。そして、これを利用するにあたって、前もってANAのマイレージアカウントを作っておかなければいけません。

これはインターネットからも郵送でもできるのですが、もしわからなければ、当日空港に行った時点で、カウンターで作ってもらうこともできます。そうすると、事前のシルバー割引でのチケット購入はできませんが、出発当日、シルバー割引のシートに空席があれば、シルバー割引はその場で適応されます。

ただし、これは当日の空席次第となります。特に、お盆や年末年始、ゴールデンウィークなどの、出発ラッシュの時には普通席だって空いていない状態ですから、やはり前もってマイレージアカウントを作っておくことをおすすめします。

やり方がわからない方は、ご家族でインターネットに詳しい方に頼んでみましょう。初めてシルバー割引を使って旅行される方に関しては、必ず身分証明(年齢証明)出来るものが必要となりますので、それをもって空港に行くようにしてください。それがないと、最悪飛行機に乗ることができませんので、注意してくださいね。

どんな方も要チェック!ANAの早期割引にはどんな種類があるの?

JALに関しても、やっと最近では割引料金を出していますが、ANAの場合は、それよりもはるかに前から、割引料金を提供して、どんどんいろいろな方に飛行機を利用してもらおうという意図がありました。

そんなANAの早期割引にはどんな種類があるのかを見ていきましょう。その種類は、出発日の75日前から当日まで用意されているので、当日であっても、普通料金で購入しようと思わず、割引料金に空席があれば、ぜひ利用して、少しでも安い旅にしましょう。

基本的には、出発日の〇日前までに予約をすれば、〇円になるというチケットタイプがほとんどとなります。もちろん、前もって買えば買うほど、値段は安くなります。ところが、ここで注意しなければいけないポイントがあります。

それは、予約変更やキャンセルに関しては、前売りチケットはかなり厳しくなるということです。基本的には、航空券が安ければ安いほど、その制限は厳しくなるので、予約変更は不可となります(例えば、出発日の75日前から前日までに購入する特別割引運賃の場合がこれにあたる)ので、必ず旅行の日にちをフィックスさせることが再前提にあります。

そうすることで、無駄な出費を抑えることができるためです。また、お子さん連れの方は、国際線であれば、満2歳から料金が発生しますが、大人普通料金の75%、2歳未満であれの場合は、その10%となります。省に料金とインファント料金に関しては、基本的に国際的に決まっているものですから、ANAもこれになります。

しかし、ANAからLCCなどに乗り継ぎされる場合は、この法則には従わないことがあるので、各航空会社に問い合わせていただくことをおすすめします。ちなみに、税金の違いはあれど、ほぼフル料金でとられることがほとんどです。

ANA 赤ちゃんTOP