ANAフライトの予約変更はできるの?!手数料も発生するの!?

飛行機を利用する際に1番気を付けなければいけない点は、変更やキャンセルができるかどうかということです。これができるかできないかでチケットの値段も変わりますが、ここでは、ANAのフライトを予約変更する際のやり方と手数料についてお教えしたいと思います。

ANAの予約を変更することはできるのかどうやって調べるの?

飛行機の予約変更なんて簡単にできるなんて思っている方が今でもかなりいます。これは、昔は簡単にできたからでしょう。そもそも、格安航空券というものがなく、普通運賃で航空券を購入しなければならなかったからです。

しかし、最近では、格安航空券の方が主流になっており、積極的にANAでも格安航空券を売り出しています。格安航空券の場合、基本的には変更はできないものがほとんどです。しかし、諦めないでください。

勝手に予約変更できないというのではなく、ANAの予約を変更することはできるのかどうやって調べるのかを知っておきましょう。例えば、旅行会社でANAフライトを予約した場合、そもそも、通常は予約する際に必ず規約で書いてあるのでそれをチェックすれば一目瞭然なのです。

それを読むのも面倒だということであれば、旅行会社に電話してみましょう。そうすればすぐにわかります。ANAの場合も、割引料金に関しては基本的に予約変更できませんが、カスタマーサービスに電話して、どうなっているか確認すればすぐに変更できるか教えてもらえます。

どうしても電話がなかなかつながらにというのであれば、ANAのホームページを見れば、すぐに予約変更の有無については必ず書いてあるので、それをチェックしてください。

旅行会社経由で購入された方に関しても、コンファームメールやFAXなどで、必ず予約の際の条件などが書かれた上で、あなたに支払ってもらうことを要求しているので、そこには予約の有無、それにかかる費用なども記載されていますから、改めてチェックしてみてください。

そうすれば、あなたの疑問はすぐに解決すると同時に、予約ができればその次のステップを、出来ないのであれば、諦めるしかないということがわかります。

ANAのフライトを予約変更する際の手数料はかかるの?いくら?

割引料金、もしくは、格安航空券を利用している場合には、ほとんど予約変更はできないと思っていただいて構いませんし、調べた結果、出来ないと分かった方の方が多いでしょう。

ですが、ANAのフライトを予約変更することができることももちろん、チケットの種類によってはあるわけです。その際には無料で予約変更ができるのでしょうか、それとも予約変更手数料がかかるのでしょうか。

もし、それがかかる場合には一体、いくらくらいになるのかということを見ておきましょう。予約変更ができるチケットに関しては、基本、予約変更手数料はかかります。ただし、この手数料は、発券した場所によって異なります。

発券とはチケッティングした場所、つまり、あなたがそのフライトを予約した国でそれが行われることになるので、例えば、日本国内線であっても、アメリカのANAを使ってそれを予約した場合には、アメリカが発券場所となります。

インターネットから予約した際には、あなたがご自身がそれを行い、係員のサービスがかかっていないので、基本は予約変更も無料です(チケットの種類にも寄りますが)。しかし、予約変更できるチケットをそれぞれの国でとっていたら、それぞれの国に該当する予約変更料がチャージされます。

その値段は、日本円で数百円程度から1万円程度となりますが、この金額は常に変わりますので、ANA、もしくは予約先に直接問いただすようにしてください。旅行会社経由となると、旅行会社分の手数料もとられるので、ここで紹介する手数料プラスアルファーの金額が必要となります。

さらに、ANAのマイレージアカウントがトップステータス(ダイヤモンド)である場合には、この手数料も異なりますので、詳しくは、購入先に問いただしましょう。

ANA 赤ちゃんTOP