ANAフライトで赤ちゃんとの旅行をする際の基礎知識について

飛行機に乗る時は、たった一人の旅行であっても、慣れていなければ戸惑う点があります。例え慣れていても、今まで一人で行っていた旅行を赤ちゃんとするとなると、全く事情が異なるので戸惑いますよね。そこで、ここでは、ANAフライトで赤ちゃんとの旅行をする際の基礎知識について学んでおきましょう。

ANAフライトは赤ちゃんに対して料金は発生するの?

赤ちゃんは座ることもできませんから、飛行機で一緒に旅行するとなると、正直、お金は払いたくないなあなんて思いますが、実際にはANAフライトを利用する際に赤ちゃんに対して料金は発生するのでしょうか。これは、国際線と国内線によって異なります。国内線の場合、満3歳から料金は発生します。

格安航空券であれば、大人と同じ料金を支払うこととなる場合が多いですが、普通料金の場合は、小児料金を選択することとなります。通常、格安航空券の料金の方が、ANAのホームページなどから小児料金の航空券を購入するよりも安くなることが多いです。

一方、国際線に関しては、満2歳になった時点で小児料金が発生します。1歳11ヶ月29~30日までに関しては、乳児料金となり、大人の普通運賃の10%の金額が徴収されることとなります。2歳以降となると、小児料金扱いになるので、大人の普通運賃の75%の金額が徴収されます。

これも、格安航空券を利用した場合には、大人の航空料金とほぼ変わらず、税金のみ小児扱いになり、多少トータル金額が変わるという程度です。ということで、赤ちゃんは国内線の場合、3歳になるまで無料(実際には、3歳になっても身分証明する必要がないので、乳児料金で搭乗されている方もいますが、これはバレた時に大変になるのでおすすめしませんし、自己責任となります)です。

しかし、国際線に関しては、必ず赤ちゃんもお金がとられます。ただし、これは赤ちゃんの席を必要としないことが前提ですので、国内線も国際線も席が必要と言うのであれば、赤ちゃんの年齢でも小児料金を支払うこととなります。

ANAフライトで赤ちゃんと国際線に乗る際にはこんなことをしよう!

ANAフライトは赤ちゃんに対して料金は発生するのかというと、この答えは、YESでもあり、NOでもあるといえます。そもそも、国内線と国際線の規定は異なります。国内線であれば、日本独自の航空法によって、運賃に関する法律も簡単に定めることができます。

しかし、国際線ともなれば、ここは、例え、国境があるようでないヨーロッパであっても、荷物制限、インファントの料金は、きちんと世界の規定に基づいたものを利用しています。日本国内線に関しては、ANAは、満3歳まで無料です。しかも、年齢証明をする必要はありませんから、正直、この年齢を過ぎたお子さんを、2歳とか3歳で搭乗している親御さんもいますが、何か遭った時などには責任は持てなくなるので、この方法はおすすめできません。

そして、国際線に関しては、2歳0ヶ月になった瞬間に料金が発生します。旅行出発時には1歳で乳児だったけども、帰国時には幼児となり、大人の正規料金の75%の料金が発生するとなった場合も、この際には航空会社の規定で料金が決まります。

乳児と幼児料金で割られるのか、もしくは乳児料金、幼児料金でトータル行くのか、これは航空会社によって異なりますので、必ずチェックしてください。赤ちゃんとのフライトは、最初から母ちゃん用の席を購入するのであればほぼ問題ありませんが、ほとんどそうでないので、バシネット(簡易ベッド)がおけるよう、前の席を前もって予約しておくと、フライトが楽になります。

ANAフライトでは赤ちゃん用に離乳食は用意してもらえる?

ANAフライトでは赤ちゃん用に離乳食は用意してもらえるか、これはYESともNOともいえます。その理由は、前もって予約しておかなければ離乳食は提供されないからです。そもそも、基本的には赤ちゃん席はないので、親御さんにプラスされた名前だけの予約になります。

そのため、機内食の提供は、リクエストをしない限りありません。席をきちんと予約しておけば、1人のお客様として扱われるので、航空会社が考えた、年齢に合ったミールを用意してくれます。しかし、それではあなたのお子さんに合っていないことなんて多々あります。

ですから、席を予約しようがしまいが、必ずANAの予約センターなど、とにかくどこでもよいので、問い合わせ先に電話すれば、必ず機内食に関する受付をするセンターがあるのでつないでくれます(実際、システム内で行え、各情報インプットをするのは、予約やマイレージ担当の方でも簡単にできるので、誰でもできるはずです)。離乳食の中でも、乳幼児に近い方は、歯が生えていないので、飲みこみやすいものが必要となりますが、そういった離乳食があります。

そして、ステップアップした固型っぽいものを食べられるようになってきたお子さん(7~9ヶ月以降すぎ(子供)によるであれば、「普通」の、噛み応えのある離乳食を用意してもらいましょう。月齢を言えば、そこから赤ちゃんが食べられるようなものを想定して、決まった機内食から、ベビーミールを用意してくれますよ。もちろん、無料ですし、それ以外に欲しいものがあれば、機内で赤ちゃん用のお菓子も頼めます。

機内でミルク用のお湯が欲しい時にANAに頼めるの?

機内でミルク用のお湯が欲しい時にANAに頼めるの?と、思う方もいるでしょう。そして、頼んだことがあるという周りの友達の意見を聞いたことがある方も多いですよね。実際、結論から言えば、機内でミルク用のお湯が欲しい時にANAに頼むことができますし、これは、いくら日本の航空会社のように気はきかない海外の航空会社でも絶対に用意してくれます。

なぜなら、そもそもお湯を用意しているからです。コーヒーやお茶の提供がありますし、白湯で薬を飲むお客様も多いので、こういったことにもきちんと機内では対応しているのです。ですので、今は、あえてお湯を用意しなくても温かい(赤ちゃんにとっての適切な温かさ程度)粉ミルクを用意することができる哺乳瓶が売っています。

しかし、これでは、赤ちゃんにぬるい、もしくは、飲みやすすぎて、数値から、口の力が発達しないことにつながってしまいます。そんなことを防ぐためにも、温かいお湯が欲しければ、ANAに限らず、どんな航空会社も必ずお湯は用意していますから、粉ミルクを作る際に、気軽に利用しましょう。

もちろん、無料ですから、特に、国際線に関しては、赤ちゃんでも一部の航空料金を払っていますから、とことんサービスを利用してお得に航空会社を利用しても良いでしょう。そうすることで、航空会社の本当の良さ、今まで子供がいな型からわからなかった良さなども痛感できることがあるので、こういったポイントをチェックしてみましょう。

全日空(ANA)の航空券|予約・購入|国内線の格安飛行機チケット|ベスト格安航空券